ヨガDVD紹介~陰ヨガ

こんにちは、桜です。予告通り、今回は陰ヨガについてお伝えしようと思います!

まず陰ヨガとは何なのかというと、それぞれのポーズを3~5分間くらいキープしながら、深い呼吸とともに筋肉の緊張を解いてリラックスしていくヨガです。

ヨガって「陽」「陰」の二つに大きく分けることができるんですけど、先日紹介したパワーヨガみたいにコアを鍛えるエクササイズ的側面の強いヨガは陽ヨガに分類されます。運動量が最も多いといわれるアシュタンガヨガなんかも陽ヨガになりますね。

一方でリストラティブヨガなどの陰ヨガは身体の柔軟性を高めたり、リラックス効果を得たりすることができるもので、仰向けやうつぶせのポーズが多めの構成なので難易度が低めです。ヨガを始めたいけどついていけるか心配という人は陰ヨガを入り口にすると良いのかもしれませんね♪

私は陰ヨガについてのDVD(『お家で出来るはじめての陰ヨガ』というもの)を買って陰ヨガを知ったのですが、軽減法も取り入れてあってとっつきやすいDVDでした。(※軽減法:完成形のポーズが難しい場合に、同じポーズのレベルを調節したもの)

おすすめの使い方として、寝る前に陰ヨガをするとリラックスした状態で眠りにつくことができます!運動としてヨガを取り入れたい時は陽ヨガ、リラックスしたい時は陰ヨガと使い分けると効果的みたいですね。

というわけで、私はDVDでヨガを続けていこうと思います。「【自宅ヨガに!】ヨガDVDおすすめランキングベスト10」というサイトでおすすめのヨガDVDが紹介されているので、興味を持った人は見てみたら良いかもしません♪

ヨガDVD紹介~パワーヨガ

今日は、桜です。最近寒すぎて・・色々と誘惑がおおいです。まずヨガといえでも、寒すぎると能動的にしなくなります。ヨガの体温って深部体温を上げるのですが、多少時間がかかります。なので体がすぐに温もるわけじゃないんです。

私は事前にエアコンを入れたりと、多少の工夫を行いつつ、ヨガをつづけています。まあヨガに限らず、冬は行動がしにくくなりますよね。さて、ここ1カ月でいくつかヨガDVDを買いましたので、そのお話を。

パワーヨガというものをご存知でしょうか?そのDVDを買ったのです。かなりハードなヨガでほぼピラティスと言ってもいいかも・・・(笑)筋トレ要素が多いヨガですね。ゴリゴリになりそうな気が・・。まあ寒い今の時期に最適ですよ。それにパワーヨガって海外での知名度はかなり高いです!

もう少し詳しく説明しますと、静と動を繰り返すことで、血流がどんどん循環していきます。動はダイナミックな動き、静は普段使わない筋肉を使ったポーズを30秒間維持します♪これが結構きついです。下半身がプルプル来ますね。結構汗もかくので、終わった後は体だけじゃなく、顔もスッキリします。

パワーヨガのように激しい動きがあればあるほど、正しいポーズは大事だなと思いました。ハードであればあるほど、ケガをしやすいと思います。また、ヨガマットもあんまり粗悪なモノですと、滑ると言いますか、グリップが弱いとポーズの維持が難しいですね。他にもDVDを買ってますので、陰ヨガとか普段聞かないヨガをお伝えしたいと思います。それではまた。

呼吸だけでも大変

こんにちは、桜です。あれからヨガを真面目に始めてます。ヨガマットとヨガブロックを買いました。ブロックは正直使い方がよく分かりませんね(笑)なくてもいいかも・・。それでも一応毎日やってます♪日課になりつつありますね。仕事がデスクワークなので、筋肉がゴリゴリに固まってるはずです。

ヨガをした後の解放感は何とも言えない心地よさです!他の運動、例えばマラソンやエクササイズなど(たいしてやってないですけど)と、また違った感覚ですね。しかも自宅で出来ますし、継続するのは簡単だと思います。大体3日坊主なので、それをどうにかしないと・・。ちなみにヨガのポーズ自体も当然興味があるのですが、実は呼吸法に非常に関心があります。今回は代表的なモノだけご紹介いたします。

①腹式呼吸
お腹を膨らませ、吐くときにお腹をへこませる呼吸です。一番オーソドックスなものですね。

②胸式呼吸
腹式とは逆に、胸式は息を吸うことにより胸をふくらませる呼吸です。交感神経を刺激する呼吸法で、あまりヨガでは使わないのですが、準備の際に使ったり、アクティブな動きのあるポーズで活躍する呼吸法です。

③片鼻呼吸(ナーディ・ショーダナ)
これは結構マイナーですね。まず指で片方の鼻の穴を閉じます。そして左右交互に吸う吐くを片方づつ行うものです。狙いとしては片田のバランスを整える効果があります。

④ウジャイ呼吸
勝利の呼吸と言われてますね。胸式呼吸の一種です。
喉に圧をかけて、呼吸する時に喉の奥でシューッという音を出して行います。この中では一番難易度が高いですね。

今回は呼吸法をお伝えしましたが、どれも日常に取り入れられるものだと思います。それでは今後もヨガの情報をお伝えします。